中伊豆体験農園のHPへようこそ。当農園は都市との交流と野菜や花づくりを通して農業に対する理解を深めていただくための農園です。午前8時半開園・午後4時閉園。毎週水曜日休園。

中伊豆体験農園ニュース 2024年春季号

 |  | 
Pocket

新年号

発行日:2024年1月1日

中伊豆体験農園
静岡県伊豆市下白岩1160番地
電話  080-2618-8744
FAX 0558(83)1993
発行人 萩野紳一郎

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。昨年は新型コロナウイルスが5類に移行し収穫感謝祭を4年ぶりに開催するなど通常の生活に戻りつつある令和5年でした。
しかしながら、熱中症アラートが毎日のように発令される酷暑の夏で、畑に出るのも躊躇するでした。当然、作物にも少なからず影響がありました。
地球沸騰化時代と言われ始めてきましたが、令和6年は平穏な年でありますよう願い新年の挨拶とさせていただきます。本年もよろしくお願い致します。

組合長 萩野紳一郎

 

元日の農園からの富士(朝6時30分撮影)

4年ぶりの収穫感謝祭

当日は会員の皆さんの丹精込めた出品物による農産物の品評会。
イベント広場では芋煮、シイタケ焼き、焼き芋やおにぎり等が振る舞われ、どれも大変な好評
た。最後は農産物のオークション。楽しい競り合いもあり、大いに盛り上がりました。

シイタケ焼き

オークション

この地域のお正月行事(どんどん焼きのオンビ作り)

地元(上和田地区)のオンビについて紹介します。
農園に上がってくる途中の公民館の広場で毎年作っているオンビです。小正月の子供たちの行事として昔から行われてきましたが、今は子供の数が少なくなったため大人の行事となってしまいました。
ここのオンビは他地域の円錐形の物とは違い、ウス型をしています。昔はこの中に塞ノ神を入れて焼き、一年間のケガレを清めるためのものであったようです。
又、子供たちが入って遊んだり、泊まったりもしたそうです。
毎年1月14日前後の日曜日の早朝燃やし、団子などを焼いて食べます。機会があったらのぞいてみてください。

塞ノ神=道祖神とも言われ、

道路の悪霊などを除いて通行人を守る神

昨年の農園の出来事

東京和光小学校(ジャガイモ堀り)

中伊豆認定こども園(サツマイモ堀り)

お願い

※ビニールや紙屑・ポリ袋などのゴミは持ち帰ってください。
なお野菜クズや雑草は堆肥化できるコンポスターの活用をお勧めします。
※ハンマーモア(草刈機)で草刈りを行いますので通路等に物を置かないようにお願いします。
 ※ラウベの方について入口の閉を忘れずお願いします。

お知らせ

Facebookを開設しました
農園での色々な情報を随時発信していきたいと思いますので是非ご覧ください。
また、会員の皆さんの情報もお待ちしています。

https://www.facebook.com/profile.php?id=100092674172504

自分の畑の状況を確認できます。
農園では常時来園できない会員様に畑の状況等をスマートフォンの画像にてお知らせするサービスを行っています。
希望者は管理組合迄ご連絡ください。
お知らせ方法はメールまたはLINEで行います。
メールアドレスna-noen@cy.tnc.ne.jp
自分の畑の状況を確認できます。

能登半島地震により被災された方々に心からお見舞い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です